« 「離れ」に住む上司 | Main | あっ、穴に流し込んでいる »

October 31, 2004

高橋勝成プロが優勝

 けっこう下半身がどっしりしているなあ、そんな印象を持ったのは指宿のホテル内にあるサウナで見かけたときだった。高橋勝成プロ。この日、ゴルフの日本シニアオープン2連覇を達成した。プレーオフにもつれ込んだ激戦を制しての優勝だった。NHKの優勝インタビューを見ていて、この人は本当にいい人なんだなあ、と思った。

 ファンへの開口一番は「遅くまですみません」だった。芝の上の影も伸びるところまで伸びきって、暗闇がすぐそこまで追いかけてきていた。3日目まで単独首位。4打差あった貯金も減らし、ロングミュア、友利勝良に並ばれた。プレーオフも3ホール目でようやく栄冠を手にした。「いやあ、まだまだ下手ですね。茨城のゴルフ場は、そんなことを教えてくれます」。研修生時代を過ごした茨城GC。古巣のコースで手にしたトロフィーとともにあらためて「ゴルフの難しさ」も教えられた。


 インタビュアーの質問に嗚咽が出た。帽子で顔を隠し、声にならない。今年8月に白血病で亡くなった二男・勝紀くん(8歳)の話だった。「もういいじゃないですか・・・。その話はやめましょう」。声を振り絞るように言った。ゴルフで勝つことが病気回復の励みだった。「パパが勝てば、嫌な注射を打ってもいいよ」。昨年は、そんな息子の言葉を励みに4年連続の賞金王タイトルを獲得した。息子の健康を祈ってタバコ、酒もやめた。


 狭いサウナ室だった。「あ、どうもすみませんね」。あの日、僕の前を高橋氏は頭を下げながら右手で前を切り、汗をしたたらせながら出て行った。
 

|

« 「離れ」に住む上司 | Main | あっ、穴に流し込んでいる »

Comments

突然すみません。
勝成選手のファンです。と言うか
最近ファンになりました。TVの勝成選手の番組を見てからです。
つい先日知り合いのゴルフ仲間から勝成選手の息子さんの死を聞きました。
あまりにもポジティブな語りで、まさか息子さんが無くなっていたなんて思ってみませんでしたが、本日ネットで検索したらやはり息子さんの死は本当だと知りました。

残念ですが、勝成選手のあのポジティブな語りが逆に痛く感じています。

しかし、TV番組通りラウンドで実行していますが、スコアがちょっとずつ上がって来ました。

これからも勝成選手には頑張って頂きたいと心から思います。

Posted by: stcsugi | July 07, 2007 at 02:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55133/1821422

Listed below are links to weblogs that reference 高橋勝成プロが優勝:

« 「離れ」に住む上司 | Main | あっ、穴に流し込んでいる »