May 01, 2012

仏様と蓮の花

 西鉄ライオンズ黄金期の原動力となった鉄腕・稲尾和久氏が亡くなって今年秋で5年になる。稲尾氏がこの世を去ってから、体調を崩していた律子夫人が4月21日、最愛の夫の元に旅立たれた。稲尾家は4人姉妹。それぞれ娘さんは嫁ぎ、これで「稲尾」の名前が博多から消えた。ご夫人の通夜に参列させていただいた。ご親族の悲しみはもちろんのことだが、同時に娘さんたちは「大好きな父のところに行けたので…。母も望んでいたと思います」と、涙目で微笑んでいたのが印象的だった。

 2007年秋。霊安室に横たわる「鉄腕」を見た。まさに急逝だっただけに、闘病による痩せもなく、静かに眠っている感じだった。検査入院から約2週間ほどのスピードで天に駆け上がって行った。「岩が崖から転げ落ちるような感じで、容体が悪化していきました。私たちも何が何だか…」。自宅にある稲尾さんの仏壇の前で律子夫人は、当時そう話してくれた。

 思い返してみれば、律子夫人はいつも稲尾さんの姿を追っていたような気がする。楽天に入団したマー君こと田中将大投手のプレー姿を見ては「マー君は若いときの主人とそっくりなの」と、身を乗り出して話したし、稲尾さんと親交のあった選手たちの話題になると、声にもはりがあったように思う。

 鉄腕が逝くまでのほんの2週間、ときには意識を失う主人を前にオロオロしながら回復を祈った。「もう意識もなかったんですが、口元に耳を近づけると“ありがとう”と言ってくれました」。声らしきものではなかったが、律子夫人はしっかり聞いた。鉄腕の最期の言葉だった。

 稲尾さんの法名は「最勝院釈信明」。最勝は仏教では「比類なき」という意味があるという。律子夫人は生前に法名を授かっており「華徳」という。仏教でいう「華」とは蓮の花である。
 黄泉の国でも神様、仏様と呼ばれた男を清楚に蓮の花が彩るのであろう。

 

|

October 15, 2006

2006/10/15

 カーステレオからトム・ウエイツのしゃがれた声が吠えている。車はトンネルに入った。前の車のテールランプが赤く光った。距離を保ったまま、生温いトンネルをぐんぐん突き進む。テールランプの光度は変わらない。このまま延々と暗闇が続いたら…。一定の距離を保ったまま、お互い車は突き進む。相変わらずトム・ウエイツは吠えている。♪on the nickel over there…

 雨が止んでも、傘はたたまずに歩こう。明るい視界にちょっとだけ紗をかけて。ちぎれるように大きな雲が分裂し始めた。そろそろ風が強まるころだ。

 また夜が来た。頭から毛布をひっかけ、静かに眠りにつこう。テールランプは相変わらず同じ光を発している。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 11, 2006

早朝メール

 同僚のS女史は、酒量も豊富だが、ボキャブラリー豊んだ人間だ。

 先日、S女史から携帯メールが来た。

 着信時間は午前4時25分。

 こんな時間に、大変なことにでもなったのではないか、と心配しながらメールを開いた。

 
       「のう」

 この一語だけだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2006

聖地に差し込む光

Kousien ハンカチ王子が大活躍した夏の甲子園は、言わずと知れた蔦に覆われた球場だ。一、三塁側にあるアルプスへの通路を振り返ると、蔦に覆われた外壁からまぶしいばかりの夏の日差しが照りつけていた。

 いやあ、甲子園やのう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2006

城をとる話

 2冊続けて司馬遼太郎作品を読んでいる。

 1965年に石原裕次郎主演で公開された映画「城取り」の原作となった「城をとる話」だ。

 戦国の世に終わりを告げる慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦があった年の出来事。

 車藤佐という1人の浪人が伊達藩の出城を取る話だが、読み進めるうちに「こんな作品が映画になったら面白いだろうな」と、思っていたら、すでに裕ちゃん主演でやっていた。恥ずかしながら知らなかった。裕ちゃん自ら司馬氏に、原作依頼しての物語というから、まったく知らずに「映画にしたら面白い」と、思ったオレの感覚もおかしくはあるまい。

 昭和40年に日経新聞夕刊に連載された作品らしいが、いい作品というのは何年経っても輝きを失わないものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2006

フシギな剣術

 司馬遼太郎氏の「みょうが斎の武術」はおもろいな。

 書き出しからオレを喜ばせた。

 土の上に五年も臥せていれば剣術の達人になれるというフシギな方法を考えついた男が、幕末の大阪鰻谷にいた。
 
 興味のある人は読んでくれ。

 すでに読んだ人には、なんの情報にもならんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2006

スイートスポット

 くろちゃん(男)から貴重な意見をいただいた。

Continue reading "スイートスポット"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 10, 2006

座る男

 トイレ話は結構、女性に受けがいい。リットン調査団ではないが、トイレらしく「ポットン調査団」(?)としては、親愛なるコメンターの素朴な質問に答える義務があるだろう。

Continue reading "座る男"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 01, 2006

トイレ考3

 トイレもので押すことにする。

Continue reading "トイレ考3"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

トイレ考2

 前回のトイレ考には、意外や意外、女性からのコメントがあったりして、ビックリしたので、トイレ考2です。

Continue reading "トイレ考2"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧